辺境へようこそ。吉本かのん個人サークルninaraicaのブログです。アニメ・漫画の話題がメインに色々脱線。創作再開したいです。
2006年10月14日 (土) | 編集 |
朝まで録画しながら、もたもた~とネームしてました。
日中は映画。『バッドマンビギンズ』と『胸いっぱいの愛』を。


『ビギンズ』、面白かったです。映像も美しく。
個人的にはこのバットマンがシリーズ中、一番好きかも。
こうやってバットマンになっていったのねーと。

アクション、謀略、ビギンズのバットマンだけに時に失敗もあったり。
珍しく善人役のゲーリー・オールドマンが特によかったv

彼は『レオン』でベートベン好きの麻薬捜査官みたいな
悪役やってたあの俳優さんです。
ひげのメガネ刑事vv渡辺謙も渋い。リーアムニーソンやら
モーガンフリーマン渋揃いvなので妙に重厚感を感じ。

『この胸いっぱいの愛を』、梶尾真治さん原作はツボです。
泣くかなと思ったら、やっぱりある箇所で涙。
泣くと何か悪いものが身体から流れてスッと。
某様の受け売りだけど、ほんとにスッとします。

ネタバレしてしまいますが
登場した人物は哀しい結末なのだけれど
強い想いは何かを変えれるのかもしれないという希望がある。

クドカンが、薄い存在感の人役よかった。
舞台になった町、門司、いい雰囲気です。

昨日はアクロバティック白鳥の湖、見たのですが。
バレエじゃなくて、中国雑技団の“白鳥”なんですね。
雑技団、やっぱり人間技じゃないわ;衣装や美術もきれいでした。

でも、オデットが屋根に留まるのは、きれいだけど
ギャグに見えてしまい笑ってしまいました^^;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック