辺境へようこそ。吉本かのん個人サークルninaraicaのブログです。アニメ・漫画の話題がメインに色々脱線。創作再開したいです。
2009年05月25日 (月) | 編集 |
「ハゲタカ」の試写会が当ったので新宿まで行って観てきました。
初めて行く会館だったので、地下鉄出口間違えて迷い、道を聞いて何とか間に合い。
ドラマ凄く面白くて好きなのでラッキーでした。

ドラマから発展しての映画化、やはり
お話よりキャスト出すとこを欲張り過ぎだったのかも?
主人公もう少し出番端折って要になる玉山鉄二さん演じる
劉一華の描き出しをして欲しかった。
ダメになった経営陣や会社内ももう少し欲しかったように感じました。

金融経済メインなのか人間ドラマメインなのか、微妙なとこも。
少しもう少し、この新しい登場人物の掘り下げして欲しいなってとこがあったり。
利用された人物も唐突な行動になって、この間に何があったの?と思ったり。

ネタバレになるんで、こんな感じで。
話の流れのうねりはグイグイ引き込まれました。
買収やTOBの場面は緊迫していて息を呑みました。

大森朋森さんと玉山鉄二さんのWクール眼鏡は眼鏡フェチには
たまらんかったです。(そこかい)ふふふ・・。

旅館のぼっちゃんに抱っこされてるにゃんこが
凄く懐いてて可愛かった~v(本編と関係無いけど^^;)

ドラマではいい所で活躍出来てた
柴田恭兵さんの役も、もったいない感じ。
良い場面もありつつも、もっと仕事の現場で活躍させて欲しかったな。

でも映画館で観るのは音響もいいし迫力があります。
劇場で見るのはやっぱりいいですね。

某所感想・・ごめんなさいっ><
コメント
この記事へのコメント
剋美さん
当ると嬉しいですよね^^いち早く見れるのがまたね。
俳優さんが良い演技してるだけにもっと感情の背景を・・なんて欲深く思っちゃうんですね。

邦ドラマ見られないんですよね。
TVは受身になちゃうから活字とか映画のが色々思考出来て、良い様に思うんですが
昔からTVっ子なんで。

TVから映画のパターン、ビジネス的にもうお客さんが付いてるから
興行的に旨みがあるのでしょうかね。

面白く作れれば、どういう展開でもOKだと思いますが
限られた時間で観客に納得させる内容って難しいのかもですね。
「踊る大走査線」が一番、見た中ではドラマ→映画の展開で出来が良いと思います。
2009/05/26(火) 23:29:53 | URL | かの #9BPdTliE[ 編集]
試写会、いいですね~v当たるとやっぱり嬉しい。
相変わらず邦ドラマは全く見ないので作品は解りませんが
TVから映画へって構成の作品、最近多いですね。

TVと映画、同じノリでは作れない作品媒体だけに
まんまでは難しいんじゃ?と感じる事もそこかしこ…。
でもま、面白ければ納得できるからいいんですけど。


某誌感想!忘れ…………いや…どのみち無理だったから…;
2009/05/26(火) 10:13:18 | URL | 剋美 #dS5vVngc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック