気が付けば前の更新から3週間も経っていました!
書置き?もせず潜ってしまってすいませんでした;
原稿なさってた皆様お疲れ様でした。
私は今回無理だったですー。

潜っていた間、凹んだり体調も崩したりお盆だったりでバタバタと・・。
9月からだんなも単身赴任から戻って来れるので何だかまだまだ忙しなく。
sai修業も9月辺りから再開したいです。またよろしくお願い致します。

間、映画や戦争関係のドキュメンタリー見たり。少し感想をば、畳みます。

「硫黄島からの手紙」素晴らしかったです!イーストウッド凄い監督です。
ドキュメンタリータッチな戦争の映像描写をしつつも
敵国だった日本人へも深い洞察と哀惜を持って下さったんだなと感じました。
栗山中将と二宮くん(役名を失念すいません)のラストのとこが泣けました。
手紙が要所要所で巧く使われて後で
ああ!あそことか、あそこの意味深いんだな!と気付くのでした。
戦争をしない努力をし続けねば、なんですよね。

「オールドボーイ」。脚本が達者で十何年間も軟禁され突然解放され
その謎が巧みに解かれて行く展開にどんどん引き込まれつつ
正直エピソードに気持ち悪いとこも・・ナイフやはさみで体切ったりとかが苦手なんで。
そして理由を知りあの執念深さは見習わねばなのか・・?とかそれ八つ当たりなんじゃあ?とか思ったり。

「食とグローバル」
wowowでやってた海外ドキュメンタリー。
世界で食べ物がどうやって作られてるかという作品。
何の説明も音楽もなく淡々と大きな畑や工場で穀物や野菜が
家畜舎では動物達が人の手で生まれさせられ育てられ。
そこで淡々と仕事をこなす人々の様子と共に描かれてました。

当然食べられる為に屠殺される場面もあり・・・
鶏や魚は大丈夫だったんですが豚や牛の場面もあり
直前の声や痛みの少ない方法の一瞬であろうとも
その命の奪われた後の表情が今でも時々頭に浮かび忘れられません・・。
鳥頭なのでその内忘れ去ると思いますが、なるべく大事に頂こうと思います。

繊細な方には確実にトラウマになると思うのでオススメ出来ません;

二階建て

sai修行その9

comment iconコメント ( -2 )

うんのさん
ありがとう!
充電、おかげさまで家事とか掃除はやる気になってますよ。
お絵描きはもうちょっとな感じです。

ふっと消える・・うん小旅行みたいで気分転換になるね。
saiもまた頑張りますね、描きたい時が描き時よね!

うんのさんもお引越し大変だけど頑張ってね!
環境変わって良い刺激になるといいね^^

名前: かの [Edit] 2009-08-21 16:35

おお、充電されてたのですねw
たまにはふっと消えるのも、久々に来た時新鮮でいいかもですね^^
sai修行も描きたい時にガシガシやってね♪
こっそり楽しみにしてますw

名前: うんの [Edit] 2009-08-21 00:46

コメントの投稿




trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。