フィンランドの原子力発電所から排出された放射性物質を含む廃棄物を埋蔵する
オンカロ(隠れた場所)を世界で初めて取材したドキュメンタリ映画を観て来ました。

また真面目モードです、すまんです・・;
鑑賞後の感想行きます。↓重いので畳みやす。


フィンランド国内の18億年前から動じない固い岩盤の地中深く建設中の
原子力発電所の放射性廃棄物の埋蔵所オンカロ。

その建設中の現場を取材しながら
十万年も経たないと安全にならない放射性廃棄物を埋めて置くのは果たして安全なのか?
監督は関係者達に問い、見ている者に投げかける。

十万年後(もしくは何百年後、何千年後)の人類が
それを万が一にも触れないでいられるか?という問い。

気の遠くなる長い年月を経れば何があったのかすら残らない。
十万年前に残された言葉や出来事などは私達は全て理解し得てないという、この事実。
ましてや危険なもの、謎、秘められたものに人間は惹かれやすいものだ。

現在、人類は未だ誰一人として
高放射性廃棄物を無害に出来る術を確立出来てないという恐ろしい事実。
何かしら研究されてるかもしれないけど、きちんと実用化され得てない。

原子力を使うのと廃棄物の無害化は本来両輪でなくてはならないはずなのに。
いつの日にか廃棄物を全て無害化出来れば、それは幸いな事なのだけれど・・そんな事あるんだろうか?
無いから、こんなオンカロをフィンランドは作らねばならないのだろう。

廃棄物を生み出し続ける原子力発電は、もうどんな優秀な研究者、管理者がいたとしても
人類には手に負えない負のエネルギー。それを手放す日が遠くない未来にあらねばならない。
そこにだけ希望があるのではないか。
原料のウランだとて石油と同じく、もう生産の限界の見えている物質である。

機会があったらですが一度見ておいた方が良い映画だと思います。

たくさん事実を知りその中から、これからどう進むべきか考える事が重要なのだと思う。
これまでみたいにマスメディア、マスコミにはもう操作されないよ、きっと皆。

今迄は小さな声だったかもしれない。
でも、その真実を伝えようとして声を上げ続けて来た方々に大勢が目を向けねばならないのだ。

まどか☆マギカ最終回

お昼

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿




trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。